お知らせ

【プレスリリース】組合員の声にお応えして 東北地区の生協宅配で「無印良品」の取り扱いをはじめます  ~保存版専用カタログを配布し、毎週注文できる約120アイテムをご案内~

更新日:23/09/25

株式会社良品計画と、コープ東北サンネット事業連合(本部:宮城県、理事長:倉田秀昭)は、生協の宅配事業で「無印良品」の取り扱いをはじめることに合意し、商品取引基本契約を結びました。

無印良品を展開する株式会社良品計画は、1980年に西友のプライベートブランドとしてスタートした「無印良品」の企画、商品開発、流通・販売までを行う製造小売企業です。「感じ良い暮らしと社会」の実現に向け、地球環境や生産者に配慮した商品・サービスの提供だけでなく、遊休不動産(空き家)をリノベーションして活用したり、自社商品のリサイクル・リユース活動を推進したりするなど社会課題の解決を目指した活動を行っています。


かねてより、コープ東北の宅配をご利用いただいている組合員から「無印良品が好きです。生協宅配でも扱ってほしいです」といったご要望はいただいておりました。
全国の生協ではコープさっぽろ(北海道)が宅配事業で専用のカタログを作り、先駆けて無印良品の取り扱いを開始していました。コープさっぽろの協力により、商品調達や物流のノウハウを共有いただくことができ、このたびの取り扱いが実現できたものです。


コープ東北宅配では、無印良品の店舗で販売されている常温商品で、全国でも人気の食品、スキンケア用品、靴下、掃除・洗濯用品、調理小物などを取り扱います。生活の基本となる約120アイテムを8ページ版の保存版専用カタログにまとめ、東北6県約50万人の宅配利用組合員に配布します。

無印良品カタログの創刊号は、山形・宮城・福島の南3県の方は10月30日(月)より、青森・秋田・岩手の北3県では11月6日(月)よりご注文を開始します。2回に分けることで、ご注文点数の集中によるトラブルを避けて、注文いただいた商品を確実にお届けいたします。 約3か月間、保存版カタログ掲載商品は、毎週注文を受け付けます。

今後、このカタログは年4回、商品を差替えて発行する予定です。 なお、お手元に保存版カタログがなくても、コープアプリや生協のインターネット注文画面では、期間中いつでも保存版カタログを見て、注文することができます。
創刊号に続く第2号は、2024年2月の配布を予定しており、創刊号の2倍にあたる16ページにカタログを拡大する計画です。


【取り扱い商品の一例】
コープ東北の「無印良品いつでも注文カタログ創刊号」に掲載予定の、代表的な商品3品がこちらです。 ぜひ他の商品も、10月23日(月)より配布するカタログでご確認ください。

  • コープの土用の丑の日〈ご予約承り中〉
  • 【福島応援隊】福島の味
いい物 美味しいもの 沢山あります!
  • 再エネ100宣言
  • ふくしま大豆の会
  • 富岡町 夜の森さくらプロジェクトを応援しています
  • アルプス処理水海洋放出に反対する署名に賛同をお願いします
  • 東日本大震災に関する取り組み
コープふくしま
  • 福島市岡島
ソーラーシェアリング
発電所稼働中!